室内活動のデメリット

出来ることが限られる

ストレス解消法として、室内活動をしようと思っている方もいるでしょう。室内活動は気軽にできることがメリットではありますが、デメリットもあります。例えば、室内活動のデメリットとして、出来ることが限られてしまうということが挙げられます。室内ということで、周りに住んでいる人に迷惑をかけないよう大きな動きをしたり、大声を出したりするのは避けなければいけませんよね。そのため、「もっと大声を出したい」「周りを気にせずストレス解消したい」と思って、フラストレーションが溜まってしまうことも考えられます。ストレス解消しようとして活動しているのに、余計にストレスが溜まってしまうのは本末転倒なので気を付けたいところです。

気持ちがスッキリしないことがある

室内活動で体を動かしたりしても、制限が限られてしまうだけではなく、開放感がなくて気持ちをスッキリさせることが出来なくなってしまいます。逆に閉塞感を感じてストレスが溜まってしまうということも考えられますよね。そんな時は、室内活動でもストレス発散させるために、窓を開けて空気の入れ替えをしたりするのもいいかもしれません。室内活動だったとしても、効率よく体を動かせることは何があるのか考えてみてください。また、室内活動と野外活動をバランスよく取り入れて、気持ちよくストレス発散できるように心がけてみるのもおすすめです。外の空気を吸ったり、景色を眺めたりするだけでも気分転換になるので、可能な方はお散歩してみるのもいいでしょう。